山田孝之がボウズでムキムキマッチョの囚人ドラマ『破獄』放送!ビートたけしと初共演!

スポンサードリンク

オッス‼オラ孫KOUKUN‼

山田孝之さんが”天才脱獄犯”を演じるスペシャルドラマ『破獄』が2017年放送することがわかりました(≧▽≦)/

ドラマ特別企画『破獄』

主演はビートたけし演じる”監獄の守り神・浦田 進”。

その”浦田 進”に対決する天才脱獄犯”佐久間清太郎”を演じるのが山田孝之さんです。

山田孝之 プロフィール

本名:   山田孝之(やまだ たかゆき)

生年月日: 1983年 10月20日

年齢:   33歳

出身:   鹿児島県 川内市

身長:   169cm

体重:   60㎏前後(役による)

血液型:  A型

職業:   俳優

配偶者:  既婚(一般人)

事務所:  スターダストプロモーション

今回のスペシャルドラマは、実際にいた人物のドラマを再現。

ビートたけしさんが演じる監獄の看守は脱獄を阻止する事に絶対的自信をもつ守り神”浦田 進”

そのビートたけしさんに対して”脱獄”を幾度となく試みる天才脱獄犯”佐久間清太郎”を山田孝之さんが演じていて、ビートたけしさんに対決を挑む役はこの人しかいないと言う事で山田孝之さんが選ばれたそうです。

山田さんは今回のドラマの為に”肉体改造”に力を入れて挑んでいる。

本作品でムキムキマッチョな山田孝之さんが登場して来るので見ものですね(+o+)

スポンサードリンク

山田孝之が演じ切る佐久間清太郎‼

青森の貧しい家に生まれ”蟹工船”の雑役夫をしていたが土蔵破りの際に追跡してきた男を刺し殺して逮捕されてしまう。

罪状は”無期懲役

人間離れの腕力と身のこなしで過去に唯一優しく接してくれた看守・浦田 進(ビートたけし)を慕っていたが、幾度となく脱獄を繰り返していた。

「何があろうと生きてやる」

圧倒的な意思で脱獄を試みる!

ビートたけし演じる迫真の浦田 進

刑務所の看守として関東大震災の時2000人の受刑者を守るために残り、火事に包まれた家にも戻らず妻と子供が死亡。

看守長としてのい勤めを全うした半面、家族を皆殺しにしてしまったという思いで苦しみ生きる中、無期懲役囚人が北海道網走刑務所に収監されたことにより網走刑務所看守長となり”脱獄阻止”に命をかける。

この2人の”脱獄”と”阻止”の対決が見もののドラマに仕上がっているみたいです(^^)

山田孝之さんが『破獄』についてインタビュー

山田さんは台本を読んだ際に…、

『これは心身ともに”ボロボロ”になるだろうなと思いましたが不思議なもので、挑戦したくなるんですよね。』

と、意気込みを表しています。

ビートたけしさんとの共演については…、

『ビートたけしさんとは今までご縁が無く、お会いするのは今回が初めてでした。北野武さんとしてもお会いできる日を楽しみにしています。』

今後も映画などで”共演”または北野武さんの映画のの”出演”を匂わすコメントをしています。

視聴者の方へのメッセージとして…、

『佐久間という素直な人間を見たとき、見て下さった方々が自分に問いかける質問とは何でしょう。そしてその質問の答えを探した時、あなたは今まで通り歩むことを選択するのでしょうか。』

このドラマには見てくれた視聴者に対してとても深いメッセージが込められているようで、今日本では年間3万人の自殺者がいる現代で”生き抜くことの大切さ”を訴えているように思えます。

今年とても注目のこのドラマ。

”今”を生きている私たちだからこそ見るべきドラマではないでしょうか…。

また見終わったらご感想を書きたいとおもいます(´-`).。oO

孫KOUKUNでした‼

筋斗雲~‼

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする