高橋一生出演ドラマ「カルテット」個性的な天然キャラで笑える‼恋愛の行方は⁉

スポンサードリンク

オッス‼オラ孫KOUKUN!

1月17日火曜夜10時ドラマ「カルテット」始まりました‼

オラ、早速見てみたけどこれは今回のクールのドラマの中でもかなりおもしろそうだぞ(^O^)

とくに、個人的に好きな高橋一生くんに注目しながら鑑賞したけど…ヤバい‼

おもしろい‼

また、主演の4人が全員ベテラン俳優陣で、高橋一生さんをはじめ、松たか子さん、

満島ひかりさん、松田龍平さんからなる弦楽四重奏「カルテット」としてキャスト構成されている。

4人の出会いは偶然、とあるカラオケボックス。

オラもカラオケが好きなので歌いに行ったときに稀に見かけるが、現代では家で楽器を演奏すると近所から「うるさい!」ってクレームが起きやすいので音楽スタジオよりも低料金で借りられる”カラオケボックス”で楽器をえんそうしている人がいる。

ドラマの4人もそんな現代人。

偶然カラオケボックスで演奏していて、お互いがお互いの事を気になっていて部屋を出るときに偶然を装うかのようにへやを同時に退出したのがきっかけでカルテットを組んだみたいだ。

スポンサードリンク

弦楽四重奏「カルテット」とは⁉

概要: 主にバイオリン属の弦楽器4パートからなる合奏形態の事で2本のバイオリンとビオラやチェロなどで奏でるユニットグループである。

ちなみに、ドラマの中で高橋一生さんのパートはバイオリンである。

今回は、第一話という事で純粋に楽しんで見てみようと思い見ていましたが、やっぱり際立ってかっこよくて面白い高橋一生くんに注目してしまいました。

ドラマの役柄で面白かったのは、

ボディソープの事を”バディソープ”と完全に間違えて覚えてしまっていて言っていたり、食べ物に関して以上に神経質に”他人と唐揚げを食べるさいにレモンをかけるときの声の掛け合いはどうとこうとか…、家のスイーツはどっちのものなのか満島ひかりともめてみたりと執着がハンパない(笑)

その度に仲間にツッコミ入れられて、しまいには松たか子に「唐揚げ冷めますよ」と一刀両断(^^;)

見ていると笑かされるシーンが垣間見れて面白い(≧▽≦)

ほんと、センスある頭のよさげなクラッシックバカ(口悪くてスイマセンm(__)mいい意味です♡)のキャラで発想が面白くて終始笑ったり真剣になったり笑ったりでした。

基本シュールなドラマなんですが、このギャップがオラの笑いの中枢にはまりました。

個性的なキャラの4人に注目して、今後の恋愛の行方と隠された過去的なものにもピックアップして見ていきたいとおもいます(≧▽≦)

4人が歌うエンディングテーマがカッコいい(≧▽≦)

そいてそして、何と言ってもドラマのエンディングテーマソング「大人の掟」。

実は、椎名林檎さん書下ろしの楽曲なんです。

ドラマ主演の4人がドラマ限定で結成したユニット『doughnut Hole』(ドーナッツホール)、が歌っているんです。

ドラマ挿入版では、松たか子さんがメインで満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さんたちはコーラスハーモニー的な感じでした。めちゃめちゃカッコいいミュージックビデオって感じで曲調も妖艶な感じで……。

超かっこいい(゜o゜)♪

今後何らかの形で配信してくれることを願いつつドラマを見ていきたいと思います(^_-)-☆

火曜夜10時はみなさん一緒にドラマ「カルテット」見ましょう‼

孫KOUKUNでした‼

筋斗雲~‼

高橋一生くんの過去記事も良かったら見て下さい↓(^ω^)

多部未華子&高橋一生のクリスマスラブコメドラマが最高ラストのキスがワヤ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする